Gardman 8327ハンターグリーン亜鉛メッキスチール製給水缶 銅アクセント 1ガロン アイテム勢ぞろい Gardman 8327ハンターグリーン亜鉛メッキスチール製給水缶 銅アクセント 1ガロン アイテム勢ぞろい 14111円,8327ハンターグリーン亜鉛メッキスチール製給水缶、銅アクセント、1ガロン,Gardman,DIY・工具・ガーデン , ガーデン , 散水用具,0470.jp,/diacetamide769270.html 14111円,8327ハンターグリーン亜鉛メッキスチール製給水缶、銅アクセント、1ガロン,Gardman,DIY・工具・ガーデン , ガーデン , 散水用具,0470.jp,/diacetamide769270.html 14111円 Gardman 8327ハンターグリーン亜鉛メッキスチール製給水缶、銅アクセント、1ガロン DIY・工具・ガーデン ガーデン 散水用具 14111円 Gardman 8327ハンターグリーン亜鉛メッキスチール製給水缶、銅アクセント、1ガロン DIY・工具・ガーデン ガーデン 散水用具

Gardman 8327ハンターグリーン亜鉛メッキスチール製給水缶 銅アクセント 1ガロン アイテム勢ぞろい サービス

Gardman 8327ハンターグリーン亜鉛メッキスチール製給水缶、銅アクセント、1ガロン

14111円

Gardman 8327ハンターグリーン亜鉛メッキスチール製給水缶、銅アクセント、1ガロン

商品の説明

ガードマン8327 1ガロンハンター緑亜鉛メッキ鋼湯に銅のアクセントで缶。 この印象的なデザインは、両方のハンドル、ロゼットキャップ、およびボトムバンドに銅製のアクセントを施した丈夫な亜鉛メッキ鋼のボディと、装飾的で高機能な散水缶を作り出します。 本体に魅力的で耐久性のある「ハンターグリーン」パウダーコート仕上げ。 長寿命と耐錆性のためのヘビーデューティー亜鉛メッキ鋼構造。 ねじ式の取り外し可能なロゼットディフューザーは、穏やかなシャワーを作り、マルチと土を乱さないようにします。 若い苗に最適です。 角度の付いた首のスパウトがあなたの葉の内側によく届きます。 各缶は、工場を出る前に漏れの品質チェックを受けています。 屋内外での使用に適しています。 簡単に充填できる1ガロンの容量。 寸法:12 "長x 7.25"幅x 17 "高。 **光沢のある亜鉛メッキバージョンのGardman Model#8326(別売)でもご利用いただけます。 ガードマン「あなたの庭に人生をもたらす」

Gardman 8327ハンターグリーン亜鉛メッキスチール製給水缶、銅アクセント、1ガロン

無邪気(な)

何気に3回ほど使ったことのあるジェットスターの福岡‐バンコク便ですが、今年の10月1日を持って終了になるようです。

すでに、ジェットスターのウェブサイトでは、10月2日以降の予約が出来なくなっています。

福岡空港は市街地から近くて便利だと、福岡人から何度も聞かされましたが、便数が少なければ意味なしですね・・・。ありがとうございました。

キャンディの仏歯寺は、1日に3回(午前5時半と、午前9時半と、午後6時半)に、ブッダの歯が納められているという部屋の扉が開くので、この時間は観光客で溢れかえっています。

普段は、人ごみを避けるけど、これは回避不能です・・・。
急いで中に入ろうと思いつつも、この廊下の装飾が気になる。

コロンボで立ち寄った寺も金ピカだったけど、ここも負けじと煌びやか。
参考:【スリランカ】お寺観光 ブドゥ パセブドゥ アラハンタカ マハ ヴィハラヤ(コロンボ)

【スリランカ】仏歯寺の礼拝の儀式は1階、ブッダの歯は2階です。”の続きを読む

キャンディを訪れたら、とりあえず行かなきゃいけない場所、それが仏歯寺。

参考 : 【スリランカ】世界遺産であるキャンディの街並みを散策しよう。

せっかく行くなら、ブッダの歯が収められているという部屋が開けられる時間帯に行きたい。
午前5時半と、午前9時半と、午後6時半の1日3回だそうです。

キャンディ市街の側の入口から寺の敷地内に入ると、かなり長く歩きます。

150メートルくらいだと思うけど、灼熱の4月のスリランカだと、この150メートルが長い。
  ヘアスプレーボトル、、ウォータースプレーボトル、家庭菜園旅行用プラスチック(縞模様)”の続きを読む

ヤル気があるのか、無いのか、良く分からないキャプローグですが、「ブログサークル」というブロガーだけのSNSに登録してみました。

いつの間にか当ブログのご意見番になられたバンコク番長様からは、ホアヒンDYM全裸事件について「何か書け」と言われてますが、私としては「色んな権利を主張してる暇があるんなら、素っ裸の自分たちの写真を撮影され公開されたのはケシカラン!とタイ社会に対して肖像権を訴える活動をされた方が良いのではないか。」と思う次第です。 

さて、本題。
流行るのか流行らないのかと言うと流行らないと思うサービスなんですけど、ブロガーをつなぐことを目的として「blog circle(ブログサークル)」なるSNSが誕生しました。

最初だけかもしれないけど、意外とアクセス流入があるので、今のところはオススメ。

【ブログ】ブロガー専用SNS「ブログサークル」に登録してみました。”の続きを読む